FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一ヶ月が経過です

 ジャスト一ヵ月後に、母体の一ヶ月検診とカズキの一ヶ月検診に行ってきました。
 カズキの左目に涙がたまる(新生児は涙が鼻に流れる)のが気になっていたので相談したところ、予想していた通り涙鼻管が詰まっているかもしれないとのこと。
 目薬が処方されたのですが…いやはや、仕事柄目薬のさし方は知っていますが、子供に目薬さすのはじめてなんですよねー。こっちゃん、病気しなさすぎです(ワラ)。
 改善しなかったら眼科で針金みたいなのを通してもらうそうです…母が言うには、姉がそれをやったらしく、針金みたいなのを通したまま抱っこで十分くらいしていたそうです。

 N○Kが映るようになってから、朝と夕方はテレビに子守をお願いしているダラ母です(半分は料理してたり、一緒に踊ったり歌ったりしてるのでどーでもいいですが)。
 一歳五ヶ月になったからなのか、最近は振り付けの先を覚えていて自分で踊っていたりします。
 テレビにあわせて踊るのはまぁ有るかと思っていたら、なにもない状態でわたしが歌っているのにもあわせてきちんと踊っていました。認識力上がってきたなーと感心しきりです。

 そしてこっちゃんの一歳半集団検診の通知が来ました…
 問診表が入っていたのですが…
・鉛筆で殴り書きをしますか? →鉛筆類を持たせたことないです。
・名前を呼んで振り向きますか? →名前の認識は立派にできていますが、『振り向く』はしないです。
・積み木をつめますか? →積み木を打ち鳴らして遊ぶのは上手です。
・指差しできますか? →犬と猫と熊と象しか出てくる絵本程度しか読んでいないので、それ以外を言われても『こっちゃんの頭の中に存在していない』状態です…
 その他諸々、不安要素がいっぱい…だって妊婦だったんだもん、必要最低限の世話しかできるかってーんです。
 まぁ、その検診自体熊に行ってもらうのですが(ダラ母は乳児とお留守番)。

歳なのか、無理なのか

 術後二十日もしない熊が休みの日、病院や銀行やドラッグストアなど、二時間ほど一人ででかけたのですが…
 それから四日ほど経っても体調悪しです。
 やたらと眠い。
 いえ、それはいいんです。横になっていればいいだけなので…
 問題は、右下腹、傷口近くの痛みが…なんだろうなこれ…
 主に授乳後(ソファに座って、約30分)立ち上がる時が地獄。
 下腹にホッチキスの針があって、それを肉や針の流れ目無視してひねった感じの痛みが…カズキを抱っこしている状態での痛みなので我慢するしかないのですが、痛いものは痛いんです(泣)。
 その上に熊が『母乳ってもっと楽かと思ってた。知り合いはちゃちゃーとあげてたから』とかほざくので、更に鬱陶しさドンッ。
 それは帝王切開じゃない人だろ。しかも彼氏でも身内でもない他人異性に、直接的な授乳シーンを見せているわけじゃないとしても、そんな状態にかち合うってのは、出産後一ヶ月以内とはどう考えても思えない。それってある程度母乳育児が軌道に乗った時期だろうが。勝手言うなと、さすがに熊の馬鹿さを理解した上で『わたしがコントロールすればいいや』と思っていても腹立つ。
 その上に、無理して発生させた下腹部の痛みに苦しむわたしとカズキを置いて、貴重な日曜日の午後に『年一回会う友達らとの会合』に出かける熊…さーすーがーにー殺意が湧きましたよ。熊の友達づきあいは無形財産だと思っているのであまり付き合いには『行くな』は言わないようにしているわたしでも殺意が湧いた。
 これがごく一般的な自分自身の友達付き合いもある女の人だったら大喧嘩になるよね。自分ばっかりずるいって(幸いわたしは他人に興味なしの上に、熊の本拠地に引っ越してきたばっかりだから知り合いひとりもおらんがね)。
 まぁ、前日からわたしの食事を細々と用意し、こっちゃんを実家に預けていくだけの配慮をしてはくれましたが…殺意がある状態でそれらの行為を見ても『そこまでして出かけたいか?!』と火に油ですがー。
 今回は里帰りせず、実家母がこまめに手伝いに来てくれる&熊実家がこっちゃんを預かってくれているのでなんとかなっていますが…熊の行動に『産後ウツになる気持ちがよくわかる…』と何度か思ったわたしです(カズキ放り投げたくなった瞬間もあるしなー。あれはもう仕方ないと思うよ、衝動的に湧いてくるし、あまり一方的に責められない感情だと思う。溜息)。
 いや別に熊に『出かけずに手伝え』って言ってるわけじゃないんですよ。働いている上に夜中のミルクの一回もやれとか言ってるんじゃないですよ。熊が家に居てテレビ見てるだけでもわたしの精神が安定するってだけなのですが、それってある意味一番重要じゃないですか?! と言いたいのです。
 産後ウツ、ホントわかるわー…熊が無関心ってわけじゃないけど(むしろよくやってくれている方)、それはこちらの受け取り方次第だから、無関心だと捕らえてしまったら、無関心が一番辛いわー…。

 こちらに帰ってきたこっちゃんの行動が面白いです。
 カズキが泣いているとそばに言って『もちょもちょもちょ』となにやら早口で語りかけています。親には言わない言い方なので、なにか子供同士だと通じる言葉みたい。
 相変わらず頭をよくなでてくれます。なぜかカズキの口に指を入れたがる(なぜに…)。授乳中や哺乳瓶を口から引っこ抜こうともしますが(笑)。
 熊がこっちゃんにカズキを抱っこさせるように差し出すと、カズキの足の方を両手で受け取るものの、すぐに『いらない』と押し返す…しっかりはっきりと『いらない』とわかる仕草です(笑)。
 カズキがベッドで泣いていても足の方を両手で抱えるようにするので、こっちゃん的には『泣いてる→抱っこする』らしいです。
 色々賢くなったなー、と思う瞬間です。

 こっちゃんのへその緒が取れたのは、ジャスト三週間後。
 カズキのへその緒は19日昼、床に落ちてました(しかも数時間放置。ゴミだと思ってた。笑)。
 うちの子らは物持ちが良いらしい(笑)。

 母乳育児だとガンガン減ると言われている体重。
 カズキの妊娠がわかる直前、姉と『体重落とす為にもうひとりってのも考えるわー』と冗談で言い合っていたのですが…やっぱり母乳すごいね。
 現在、直接授乳をはじめて約20日ですが、妊娠時ピークからは約9キロ、妊娠前から言えば約6キロ落ちました。
 子供の体重+胎盤+羊水で約5キロはすぐに減ると思われますが、わたしの場合は術後も術前と変わらず(水分を溜め込む体質なので、減った分むくみになった)。
 むくみがすっきりと取れたので2キロほどは水分が減っただけなのでしょうが、それでも妊娠前からの6キロは脂肪だと思いたい。
 できればこのまま5キロほど落ちてくれないかなーとか皮算用(ワラ)。

落ち着いてはいないんですけど

 年齢と帝王切開にしては元気だねーすごい動いてるねーと助産師さんたちが感心してくれていたのと傷の治りも良かったので、標準帝王切開退院日に退院することができました(直前で完全なる妊娠糖尿病になり、傷の治りが悪いかもーと言われていたので、嬉しい誤算です)。

 開腹手術が終わって縫合も終わってから、助産師さんに質問する元妊婦。
『今更なんですけど、縦切りですか? 横ですか??』
 ……すんごい今更な質問(笑。結果は横です)。

 合計16日入院していて、出産一時金42万を引いて、約13万の支払いでおさまりました(子供の入院代、保険計算した分含む)。
 生命保険で約13万入るので、入院だけ見るとプラマイ0です。
 個室、サービス、スタッフさんの多さなどを考えても、これで経営が成り立つのかと心配になるほど安かったです。
 一時は十一室がフル稼働になっていました。
 わたしが帝王切開を受けた6月1日は、最終的に6人生まれたそうです(自然分娩、帝王切開含む)。

 下の子は和輝と名付けました。
 帝王切開中色々取りとめもないことをぼんやり考えていたのですが、子供を取り出してもらっている時に無意識に『カズくん』と呼びかけていたので、『あー、カズくんなんだ。本人が主張するなら仕方ないなー』と。
 カズなんてチラッとも候補にあがっていなかった名前なので、翌朝熊と名前の練り直しです。
 んが、熊の基準が『画数が少ない名前!』であったので、腹立つやらなんやら…非常にむかつく。いっぺん新聞を端から端まで読んで出直して来い! と言ってやりたい。
 そして出生届を出してきた直後、新生児室のカズくんを見て熊が一言…『コウキ、ミルク垂れてる』
 コウキって誰やねんっ(イラッ)。

 先月24日から熊実家に預かってもらっていたこっちゃんもめでたく合流したのですが…
 いやはや、こっちゃんの動きが読めません。下の子を意識してはいるものの、視界に入らないようにしてみたり、逆にかまってみたり。
 授乳中に頭ナデナデしてくれます(これは熊にもよくやってくれるのです。そして熊やわたしの手をとって『なでて!』と意思表示もします。頭なでる→嬉しいと認識している様子)。
 そして、下の子が飲み残したミルクを泣いて欲しがる…なぜ??

 そのこっちゃんは退院翌日から11日夜まで、再び熊実家にお預かりしてもらうことになりました。今度は熊抜きの、完全ひとりお泊り状態です。
 わたしの体調不全、足のむくみがひどくて床に膝をついたりのこっちゃんのお世話が難しい為、預かってもらうことに。ありがたいことです。こっちゃんも泣いたりしない子なので助かります。

 退院後、近所の方からお祝いを頂いてしまいました。ここに引っ越してきてまだ七ヶ月なのに…と辞退しようにも受け取ってもらえず。
『なにかあったら声かけて。コトネちゃんあずかってあげる。孫がたくさんいるから子供好きだし』と言ってもらえるのがなによりありがたいです。
 お隣のおじいちゃんおばぁちゃんも同じように言ってくださっているので、ご近所に恵まれたな~~と思います。

 で、体調不全の橘さん。
 原因はカズくんなわけですが…授乳中もミルク中も寝る寝る。そして小刻みに起きる。寝不足で体調不全~~意識もーろー。
 一日に一回は子宮の急激な収縮&悪露で動けなくなるし(そんな時は熊を呼びつけ、子供を押し付ける。笑)。
 こっちゃんは起きる→飲む→寝る、でスカッとしてたので、だらだら小刻みに起こされるってなかったよな…これやっぱり辛いな。こっちゃんってやっぱりレアな存在だったんだと再認識。

 ネット関係の方からありがたいお祝いメッセージを頂いております。
 ネット活動なんて現在はこのブログだけですのに、とても嬉しいです。ありがとうございます。
 例のアレは最終話を2/3書けば完成なんですけど…いかんせん年月経過が…(遠い目)。

無事終了です

帝王切開翌日です。
無事取り上げてもらいました。
3400gの男の子。顔がまん丸で真っ赤。
こっちゃんは髪がフサフサでしたが、こちらは眉毛もフサフサでした。

そして当日なのです

当日になりました。
11時頃から寝られたようですが、日付けが変わる頃に妊婦さんが入ったらしく、一時半にNSTの音で目が覚める。
と思ってたら産声。旦那さんどうぞーと言ってるのが続いたので生まれたらしい。

よかったねーと思いつつ四時半頃にやっとウトウト眠気が来て寝たのですが、五時半に妊婦さんがフーフー言いながら到着。
声が高い人なので、分娩室に入った後も声筒抜け。
いやだからって怒ってるわけじゃないですよ。生理現象ですから。
単にがんばれーであって、今日中に生まれたら当日生まれが少なくとも三人だなーってだけです。
新生児室がいっぱいになるよねー。

と思ってたら六時過ぎには生まれてるー。よかったね~。安産だねー…なのにまだNSTの音が…双子ちゃん⁇
調べてみたら明日新月なんだ、なーるほどー。

とうとう前日

帝王切開前日になりました。
二日前から、気晴らしに新生児室をのぞきに行くのも禁止されました。
お腹張ってるからシャワー以外は部屋から出んといてー、寝ててー、動かんといてー、だって。
緊急でオペするより、準備ちゃんとしてやった方が安全だから~、と色んな人に言われる(笑)。
皆言い方がおもしろいので、笑いすぎて涙でてくるわ(笑)。

わたしは残念ながら帝王切開なのでどうしようもないけど、この助産師さんたちとなら、笑いながらお産できそうな気がする。
少なくとも、ネットでちらりとみるような『分娩時に傷つくことを言われた』だけは起こらないと思う。
なにせ、3時のオヤツ時に五分ほども『おやっつ~、みなっさーんオヤツなーのよー。あなたはちがーう~(別の助産師さんが返事したらしい)』とか歌ってるくらい陽気(笑)。

今日はオペ前日なので、抗生剤のテストやら、麻酔の説明やらがあります。
夜9時からは絶食、絶飲。
当日は朝からシャワー、点滴、三十分前に筋肉注射(これがまた痛いんだ)、一時からオペ。
全部意識がある状態らしい。縫合時は寝かせて欲しいんだけどなぁ…血圧にちょい問題ありだから、たぶん無理だろな…
翌日には尿管抜いて歩行だそうな。希望すれば母子同室も可能とな。具合が良ければ昼から食事。結構ハイペース。
まぁなるようにするしかない。

日曜から翌週日曜まで、熊がべた休みをとっています。
一月に購入したキャロルの方が燃費いい&さすがに乗らなさ過ぎも悪いとのことで集中して使用しているのですが…
月曜日にこっちゃん乗せて信号待ちしてたら、後ろからバイクにぶつかられたそうな。
衝撃はあまりなく、バンパーの塗装がはげただけ。
相手もバイク買いたてで運転に慣れていなかったそうなのですが…こっちゃんにムチウチなどでないか心配です。
姉家族が大きな車に乗っていた時、ほとんど衝撃がない追突をされたのですが、数ヶ月病院に通う羽目になったんですよね…
チャイルドシートはもちろんしてあるのですが、熊がするといつも肩ベルトゆるゆるなので心配です。

管理入院ですよ

管理入院して丸一日が経過しました。
食事は純和風が多い。美味しい。
でも管理入院なのでオヤツなし(笑)。
スタッフさんは皆陽気。
今日からスタッフルームに近い部屋に移動したのですが、そこはリクライニングベッドだったので助かりました。
部屋広い。年月相応の使用感はあるけど、比較的キレイ。
前の時はわたしともうひとりしか入院していなかったけど、どうやら五人ほど入院してるっぽい。新生児の人数とか、食器の数からの推測ですが(笑)。
駐車場から直接目の前の大型スーパーに行けるので、ヨーグルト買いに行きたいです。
足のむくみがひどくなってきた。
スタッフ皆さんに立派なお腹! 凄いお腹の子元気! 心音みたいのに逃げられる! と言われた(笑)。最後には、五分でいいから寝て~だって。
昼間は暇なので、紙袋いっぱいに詰めてきた本を読む。デルフィニア戦記とナニワモンスターをチョイスするところが意味不明(笑)。

誕生日であります

 昨年の誕生日に、こっちゃんにミルクを飲ませながら『かぁちゃん○×歳になっちゃったよー』と言ったら、哺乳瓶から口を離してにやぁと笑われたので、今回も朝食を食べさせながら言ってみたところ、綺麗にスルーされました(笑)。
 まぁいいんだ、自分の誕生日なんて二十歳越えたらどーでもいいです。

 あと十日少々でお腹の中の人が出てくる予定なのですが、未だに名前が決まっておりません。
 こっちゃんの名前もなぜかわたしが付けたような形になっているので、今度はきちんと熊に付けさせたいのですが…これがまたダメな人なんですよ。
 携帯の検索見ながら適当に名前をあげやがるのです、ヤツは。
 挙句の果てには、おのれで読めない字とかも言い出すので、そんな適当な名付けは断固反対なワケです。
『顔見て決める』とか言っておりますが、蜜柑とか絨毯とかの漢字を書けなくてもいいけど読めもしなかった国語オンチにそんな芸当ができるはずがありません。
 最終的に決まらなかったら、大樹(だいき)にしようかと思っています。
 ネットであるお母さんが(まったくの一般人)『男の子を育てるのは、大樹になる若木を育てているような気持ち』って書かれていて、それが妙に気に入ってしまったので(笑)。
 前職が小児科関係だったので、もう『今時のキラキラネーム』はお腹いっぱいです。
『神隠し』の時にも書きましたけど、名前って公的には『個別認証の為の物』だから『読めなければ無意味』だと思っています(あくまで個人的意見の『公』解釈です。個人的意見の『私的』は『親の願い』とかですけど)。
 ですので、誰もがすんなりと読める名前、由来がわかる名前にするのですヨ。
 あーでも『大樹』と書いて『ヒロキ(これは普通)』とか『タイジュ(少々今時)』と読まれるかもしれませんが(苦笑)。
 こう書くと『ヒロキ』読みでもいいなぁ…悩むなぁ。
 出てきたら女の子だったりして、とのサプライズもあるかもしれませんが(なにせ一回しか性別の話がなかったので。しっかり『付いてる』とかの話もなかったし。笑)。

あちゃー

 九ヶ月最後の妊婦検診に行ってきました。
 前回も採血とNSTをしたのですが、今回も採血とNSTでした。熊が休みの日で良かった。こっちゃん連れで採血とNSTは地獄。
 で、ここまである程度順調だったのですが…今日いきなり体重が二週間弱で1キロ強増えており『まずいな…』と思いつつ腹部エコーを受けたのですが…
 現在、お腹の中の人は推定2800g。
 なーんだ順調…と思ったらダメなんですよ、本来の予定日は6月16日だと考えると、大きくなりすぎです。
 Drから『はやめに入院してもらいます。手術日は変わりません。一週間ほどはやく入院してもらうかも』とお達しが…
 あー…予定総崩れって言うか、ショックがでかすぎです。
 前回の入院が12日、今回が10日と聞いていたのに、ここに来てどんでん返しです。
 最長17日かぁ…入院辛いなぁ…。
 20日に妊婦検診がありますので、その時に運命が決まります。あー凹む。

寝るの辛いー

 お腹がもうはちきれそうなほど大きい九ヶ月妊婦。
 こんなにお腹が大きいのに、体重が妊娠前からほとんど増えていないのが不思議。顔は細くなっている自覚はあるのですが、あとはなにが落ちているのだろう…筋肉か??
 お腹の中の人の体重は超標準、羊水が少ないとかの話もされていないし…謎だらけ。
 今回は早い段階から妊娠クリームを塗っていたので妊娠線は新たにできてはいませんが…臍の上あたりに内出血のようなものが…これはなんだ?? 本当に謎だらけ。
 
 寝返りができない。寝返る為に一回四つんばいになってじっとして、それから寝返る状態です。四つんばいになるのも激痛(泣)。立ち上がるなんてもっと激痛。
 夜中に何度も目が覚める。なかなか寝付けない。
 明け方三時半に目が覚めた時は、潔くあきらめて洗濯機まわしながら一時間かけてホットケーキ焼きましたよ(朝食の保存用に)。
 薄力粉から配合して焼くホットケーキですが、やっと理想的なレシピにめぐり合いました。近所のお店でアルミフリーのベーキングパウダーも見つけたのでウハウハです。

 四畳半の部屋にダブルとシングルを敷いて三人で寝ていたのですが、暑さ&こっちゃんの寝相の悪さで、とうとう熊は二階に逃げました。
 シングル一組とダブルの半分を広々と使う一歳三ヶ月児(笑)。

 こっちゃんに一歳からのチャイルドシート&ジュニアシート兼用のものを購入し、手持ちのチャイルドシートを次の子用にしようと思っていたのですが…チャイルドシートのインナークッションが見当たらない。
 家捜し二回したけど見当たらない。
 座布団とタオルで代用してはいかんだろうか…どうせそんなに外出したりしないんだし、使用期間は短いんだし…悩む悩む。

プロフィール

橘 尋無

Author:橘 尋無

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。