FC2ブログ
   
06
6
19
25
28
   

癒し系にはまりそうになっているワナ

 とっとと逃げた(ほっぽり出した)『満天星』のかわりに書いている『破国・2』のメイン話『箱の中の箱(略して箱箱)』の資料二冊にうっかりココロ癒されているばかりか、
『は・・・鉢植え、やっちゃおっかなー・・・・・』
 とか考えている橘ですこんばんにゃん。
 中庭、改造しませんかおたぁ様、と思わず言ってしまうですよ(笑)。

『夢で逢えたら』後編掲載。
 これでとうとう『カラテン2』の収録分が掲載終了となりました。明日からは三巻に突入です。
 チケット祭りとエレベーター祭り絶賛開催中。
 まずは『水族館チケット』からです。
 そして、二巻に輪をかけて暗い話ばかりです。
 乞うご期待。

 それでもって『箱箱』に話は戻りますが、書けども書けども大堂寺さんがでてこないんですけどぉぉぉぉっ。
 って言うか、第三章まで珍しくプロット立てて現在第二章真っ只中なんですけど、プロット上に大堂寺さんのかけらもないんですけどぉぉぉぉっ。
 いや、出てくるのは出てくるんだろうけれど、どんなタイミングで絡んでくるのかまったくわかんないんです。
 探偵が後半部分あたりで
『まゆらが待ってるのにいけそうもない』
 ってシーンと、そのあとで雨の中何時間も待ってる大堂寺さんのイメージがあるので(シーンの切れ端しか頭になくて)出てくるのは出てくるのでしょうが・・・話の最後あたりってフレイア様顕現ってイメージもあるんですよね・・・どうなるんだろうコレ(途方に暮れるぅ)。
 わからん。書き手は物語の下働きに過ぎないので、ちっとも先を教えてもらえません(立場最弱)。

 昨日の回答編。
 コメント、一言メルフォなどでちょこちょこ『こんなの?』といただきました皆様、ありがとうございましたー♪
 皆さん、共通したひとつの名前を挙げてくださいました。
『無理矢理読めば『たける』かな?』
 とのこと。そうですよねぇ、なんとか読めばそう読めなくもないですが。
 正解はなんとドびっくり。

 東慶龍=はあと

 ・・・・・・・・・捏造したわけじゃないですよ、嘘じゃないですよ。
 守秘義務に触れなければ、書類の画像を写メで撮って掲載したいところですが、ちょっとそれは無理なんで。
 とにかく『東慶龍』と書いて『はあと』なんです。
 もうもう、この書類見た瞬間、全身から力抜けて魂が口から出て行きました(笑)。
 名前をきちんと呼んでもらえない子はある意味不幸だと思います(わたしは『読んで』はもらえますが正式な書類上に正式に『表記』はしてもらえない、ある意味不幸な人です)。
 そんな子もいると思えば『中村太郎』なんて子もいるし・・・(五歳だったかなー・・・)。
 世の中、貧富の差も両極端ですが、名前も両極端です。
スポンサーサイト



プロフィール

橘 尋無

Author:橘 尋無

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク